大阪ステーションシティ画像

安全帯が無くなる!?

安全帯が無くなる!?

今回は高所作業で使用する「安全帯」について取り上げていきたいと思います。

安全帯・空調服装着状況画像

厚生労働省は「建設業における高所からの墜落による労働災害を防止するための措置を強化します」との発表があり、2019年2月から安全帯の使用基準が一部改正されるとの事です。
厚生労働省HP

ポイントはそもそも名前が「安全帯」から「墜落制止器具」に変わります。法令上の名前が変わるだけと言う事で、建設現場ではそのまま「安全帯」で定着して欲しいですね。指差呼称や一声掛け時に「墜落制止器具ヨシ!」なんてとても言いづらいですよね!
安全帯が「墜落制止用器具」に変わります!

従来の「安全帯」には、①胴ベルト型(一本つり)、②胴ベルト型(U字つり)、③ハーネス型(一本つり)が含まれますが、「墜落制止用器具」は、これらから②のU字つりというタイプが除かれます。U字つりというのはよく電柱にのぼって作業する時に電柱にくるっと巻きつけるタイプの物ですね。確かにU字つりでは作業姿勢は確保できるものの墜落抑止にはなりません。

高さが2メートル以上の箇所で作業床を設けることが困難なところで、フルハーネス型の「墜落制止用器具」を用いて行う作業では特別教育の受講が義務付けられます。また、建設業では高さが5メートルを超える高さの場合は、フルハーネス型でなければなりません。ただしフルハーネス型は落下距離が比較的長いので、2~4m程度の高さから墜落すると地面に衝突する恐れがあるため、胴ベルト型(一本つり)の使用を認めるとの事。

2019年2月から施行されますが、半年間の経過処置があり、2019年7月31日までに製造した従来型の安全帯は、2021年末までの使用は認められる。

なぜフルハーネス型が基本となったかというと、従来型の安全帯では、墜落時にベルトがずり上がることで胸部や腹部が圧迫されたり、ベルトから体がすり抜けて地面に落下する恐れがあるのです。
正しく使おうフルハーネス(パンフレット)

平成28年度、建設業における死亡災害の種類で一番多いのが「墜落」(45.92%)となっております。これを無くして行こうという事ですね。

しかしいくらフルハーネス型を着用していてもフックを適切に掛けていなければ意味がありませんので、職人さん一人ひとりがしっかりと安全意識を持ち、墜落災害を無くしていきましょう!