業務内容

業務内容

内装工事施工

鋼製下地工事

鋼製下地工事とは、軽量鉄骨下地(軽鉄下地・LGS)とも呼ばれる金属製の専用部材を使用し金物などで固定を行い、様々な部材を組み合わせて天井や壁を造る工事です。

主に石膏ボード等の下地となりその下地の良し悪しで最終的な仕上り(クロス・ペンキ等)が決まると言えます。

そのため、ミリ単位の細かい作業や施工図通りに組立てられているかが重要になります。

鋼製下地材の特徴
・不燃材であり、軽量である。
・部材が規格化されており品質が高い
・強度や耐久性が高い
・施工性が良い

等があげられます。
鋼製下地組立て画像

ボード張り工事

ボード張り工事

ボード張り工事とは、主にせっこうを芯材とした板材のせっこうボードを鋼製下地に張り付けていく仕事です。

建築物の内装における壁・天井の下地のほとんどがこのせっこうボードを使用しています。

最終仕上げ(クロス・ペンキ等)の下地になる場合や、せっこうボード自体が化粧加工されそのまま仕上げとなる場合もあります。

様々な種類のせっこうボードがあり現場の特性や機能性を考慮した材料を使用します。

そのボード材をカッター等で加工し、タッピングビスにて留めつけていきます。

せっこうボードの特徴
・防・耐火性が良い。
・遮音性が良い。
・施工性が良い。

等があげられます。
壁ボードパテ処理座像